スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←感覚の眼はタゴールから →どんどん壊れていく?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
【感覚の眼はタゴールから】へ  【どんどん壊れていく?】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

本・絵画の紹介

夢をかなえる人の英語術

 ←感覚の眼はタゴールから →どんどん壊れていく?
夢をかなえる人の英語術夢をかなえる人の英語術
(2004/07/31)
藤沢 優月

商品詳細を見る

今は昔のことです。

ある晴れた日の午後、近所の本屋さんにフラフラと入った私の眼に

飛び込んできたのがこの本でした。

そのころの私は一念発起して、TOEIC講座を受講するために

某英会話スクールに通いはじめたころで

寝てもさめても「英語頭」になるという夢に燃えていて

休みの日は、図書館でひたすら勉強していました。そういう自分がとても好きだったのです。


自分が自分を好きになるって、言葉でいうほど簡単じゃないですよね


自分が好きでいられる自分であるために最大の努力をはらうわけですから


しびれるような「孤独」のなかで微笑んでいる、みたいな



それは自己回復のラストスパートだったような気がします。



そんな時に出遭ったこの本にどれだけ助けられたことか、この本を手にとった人の

ほとんどが私と同じように、感じています。夢はかなうのだと。

ではその秘密はこの本のどこに隠れているのでしょうか?

読めばわかります。自分のお金で買って読めばわかります。借りるのではなく買うこと。

つまりは自分のものにすることです。本という夢を夢におわらせないことを祈ります。









関連記事
スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   本・絵画の紹介
【感覚の眼はタゴールから】へ  【どんどん壊れていく?】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
  • 【感覚の眼はタゴールから】へ
  • 【どんどん壊れていく?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。