スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←☆無意識からのメッセージ☆第二部☆Love, Sex and Deathより☆第一話☆ミツコとパスカル →無意識からのメッセージ☆Love , Sex  & Death より☆第三話☆一番、欲しかったもの
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
【☆無意識からのメッセージ☆第二部☆Love, Sex and Deathより☆第一話☆ミツコとパスカル】へ  【無意識からのメッセージ☆Love , Sex  & Death より☆第三話☆一番、欲しかったもの】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

Love,Sex&Death

無意識からのメッセージ☆Love , Sex & Death より☆第二話☆市ヶ谷と原宿

 ←☆無意識からのメッセージ☆第二部☆Love, Sex and Deathより☆第一話☆ミツコとパスカル →無意識からのメッセージ☆Love , Sex  & Death より☆第三話☆一番、欲しかったもの
学校は市ヶ谷にあった。
入学式は武道館だった。

武道館


また大学の裏手には靖国神社があり、
校舎の外階段から何気にながめていると
いつもは静かなはずの境内に活気があり
見ると相撲取りがうろろしていたので、
急いで現場へと直行すると
学校の真裏にあたる塀の向こうに土俵があって 
トーナメント方式で相撲の奉納が行われていたのだった。

しばらくながめていたら、まげもゆえない新米力士の対決は
まばたきするよりも早いくらいに
ぶつかったと思ったら終わっていて、
実にあっけなかったりするのだけれども
TVでみている力士クラスになって、
ようやく相撲と呼ばれている
慣れ親しんだ技を披露する取り組みが拝める、のだった。

三役をさがしていたら彼らは有名人のお墓の前に陣取り
髪結いさんに頭を作ってもらっている最中で 
まだ浴衣姿の力士たちに近づくと
ぷうんと鬢付け油の匂いがするのだった。


2法政大学


授業は退屈で たまに顔を出すと 騒ぎが起こるのだった。
たとえば そのころの法政大学は
お堀をはさんで校舎が向かい合う形で立てられていて
一般教養の授業はたいてい本校ではなく
62年館と呼ばれる建物で行われていたし
 A~Oまであるクラスは
第二外国語ごとに編成されていた。
経済学部は大体が男の子の学部で女子は少なく
女子はひとつのクラスにまとめられていたから
私が専攻していたフランス語のクラスの半分は女の子だった。


私は仲良し6人組みのメンバーの一人だった。
小田原から通っているモコ、相模原から通ってるチャコ
足立区から通ってるがんちゃん、川口から通ってるアサミが
自宅組みで 善福寺から通ってるユッコと
笹塚から通ってるユリこと私が一人ぐらし組みだった。


6人のうち私を含む4人が浪人生活者であったし
あとの二人のうち一人は法政女子高出身だったけれども
現役でここに入るにはお勉強をまじめにしてきたわけで

もはや受験というプレッシャーがないせいか
私たちは おそろいのハンカチをもったりして
遅ればせながら青春をエンジョイしていた。


世間では東大紛争に象徴されるような大学紛争は
とおに終焉していると思われていただろうが
法政と早稲田にはまだまだヘルメットスタイルの全学連が
健在で、しかも両者は内ゲバ時代に突入しており
中核派の最大拠点である本校よりも
早稲田大学に近い62年館にはちょくちょく、
早稲田の革マル派と呼ばれる連中がやってきた。

その日もフランス語の授業の最中に廊下の外が
騒がしくなり 「革マルがきたぞ!」という声が
聞こえるや否や、紛争なれしている老教授は
さっさと教科書をかたづけて教室を出ていかれたので
残された私たちも退散するしかなく
階段をおりていくと 建物の入り口に数人、
ヘルメットをかぶり顔はすっぽりと手ぬぐいで隠し
角材を手に持った若者がたっていた。


すれちがいざまに私は、一人のヘルメット君と
目があったのだけれども 彼は立っているのが
精一杯な感じだったし、
角材を持つ手も階段にかけられた足も
震えていたと思う。


こんな時も そんな時も あんな時も
 仲良し6人組みは お茶しながら 明るく元気だった。


クラスのオトコのコたちのほとんどは 
バイトとマージャンに明け暮れていたし 
大学の周りにはジャン荘がいっぱいあった。





大学の6人組とは新宿のスズヤでお買い物したり
コンパしたりして可もなく不可もなく過ごしていた。

そして私は部屋には帰りたくない気分のときや
学校に行きたくない気分のときには
一人で 「地球の子供たち」に出かけた。


地球の子供たちは 青学の裏手にあり
元気な私は 原宿の竹下口から青山トンネルまで
てくてくと 歩いていくのだった。そしてこの道と
青山のDONQとピーナッツバターを教えてくれたのが
たえちゃんであり、たえは私にとってはもうひとつの世界へと私を
確実に誘ってくれる、プリティでアートな魔法の扉だったに違いない。
きっと わたしは たえによって 繊細にしてぎんぎらな
サイケデリックな見えない世界とつながっていたのだ。

それは、あるといえばあるけれど、ないといえばなくて、
だけど
見えるときには見えるし 
ちゃんと触れることもできる秘密の花園、
みたいなのだ。


donq.jpg
青山DONQ:平成19年に閉店

DON'T LET ME DOWN from YOU TUBE
関連記事
スポンサーサイト

もくじ   3kaku_s_L.png   Love,Sex&Death
【☆無意識からのメッセージ☆第二部☆Love, Sex and Deathより☆第一話☆ミツコとパスカル】へ  【無意識からのメッセージ☆Love , Sex  & Death より☆第三話☆一番、欲しかったもの】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
  • 【☆無意識からのメッセージ☆第二部☆Love, Sex and Deathより☆第一話☆ミツコとパスカル】へ
  • 【無意識からのメッセージ☆Love , Sex  & Death より☆第三話☆一番、欲しかったもの】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。