スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←本日のTwitterで見つけた情報より →☼さま・り・くら通信その1☼311@Nagoya大集会参加報告の巻
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
【本日のTwitterで見つけた情報より】へ  【☼さま・り・くら通信その1☼311@Nagoya大集会参加報告の巻】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

マイエンザ

未来を変える具体的な選択☆彡世界を動かす家庭からの一滴!

 ←本日のTwitterで見つけた情報より →☼さま・り・くら通信その1☼311@Nagoya大集会参加報告の巻
昨日、私は半年ぶりにマイエンザを仕込みました。



☼おひさま料理くらぶ☼として参加する
~3・11明日につなげる大集会@Nagoyaに持ってくために


あれから一年、関東地区、とりわけ柏市、江戸川区では
高い放射線量が測定され続けています。

森が放射能をしっかりと抱え込んでいると言われる
チェルノブイリとは異なり、福島原発の大惨事は
都市に、海に、汚染が広がり、各地にホットスポット
と呼ばれる、放射能のふきだまりができてしまいました。

同時に、河川へと注ぎこまれる前の生活排水のヘドロ化が
激しく、そこから高線量の放射能が検出されています。


以下の文章は昨年の10月に書かれたものですが
私は今、あらためて家庭から出来る放射能への挑戦として
全てのママたちに、マイエンザを紹介したいと感じています。

2012年3月10日





2011年10月の記より

脱原発、さよなら原発は当然の方向性だが
福島発の放射能汚染の問題は深刻だ。

★距離ではなく風向き

「ここまでは飛んで来ないでしょ」と思いたいけれど
現実はそれを許さないみたいだ。

岐阜県の山奥に板取村という場所がある。
最近、ここの山に間伐伐採に入ったグループが念のため線量を
はかったところ、江戸川区の数倍の数値だったという。

巷では中国製のガイガーカウンターは精度が低いと言われているが
ある場所の何倍、何分の一という比較くらいなら市販の器械でも十分だ。

大切なのは、自分が住む場所からさほど遠くない山の放射線量が
都内の数倍も高いという事実を直視し、流れを推測していく姿勢。

福島第一原発は3月の地震発生以来、3回、大爆発を起こしている。
そのうちの一回が、気流に乗り、福島から岐阜方面に飛散してきた。
これは放射能汚染が発生源から半径何キロメートルという距離などではなく
日本上空をたえまなく流動する気流の流れ、風向きと強さによって
自在に飛散していくことを証明してくれている。
これは考えてみれば当たり前のことなのに、緊急事態に動転しているのか
政府は未だに、放射能飛散が距離ではなく風向きに支配されることを
きちんと説明しないので、「ここまでは飛んで来ないでしょ」という
認識を人々に植え付けてしてしまっている。

★★無知の涙

そしてもう一つは、セシウムに汚染された栃木県の腐葉土が
市場に流され、各地のホームセンターで販売・購入されたため
放射能汚染は日本中に拡散してしまった。

つい最近、沖縄でもそれらが流通していたことが判明した。

img4e3b3fe9cb93e.jpg  img4e3b3fe18f031.jpg
img4e3b406e54975.jpg  img4e3b407681114.jpg

風向きをコントロールすることは至難の業だとしても
高濃度に汚染された地域の腐葉土を業者は商品化しない、
販売店は売らない、消費者は買わないことは可能だ。

沖縄のお母さんは5月にこの土を買い、ゴーヤを育て
毎日、子供たちと水をあげていたという。
無知は罪だと言ってしまえばそれまでのことだけれども
これは笑えない現実だ。親が良かれと思って行ったことが
結果として、やってはいけないことだったとしたら
子を持つ親は、一体、どのように対処したら良いのだろうか?

しかし、これと似たようなことを
家庭の主婦は日々行っている。そういう事実を認識しているだろうか?

★★★家庭から出る生活排水

河川の汚水が海水に赤潮を発生させるなど
生態系に悪影響を与えていることが指摘されて久しいが
では河川汚染の一番の源が、工場のそれではなく
実は家庭から排出される生活排水である、ことはご存じだろうか?

imageCAA2M6QP.jpg
1970年 総負荷量(BOD)537t/日 imageCAOF4RRV.jpg1994年 総負荷量(BOD)139t/日 
fish_04.gif2004年 総負荷量(BOD)94t/日



家庭のなかには、台所、トイレ、お風呂、洗濯器、洗面台などの
水を遣う場所があり、これらは水回りと呼ばれている。
生活排水とは、ここから外部へと流される使用済みの水のことで
これらの汚水は下水道から、あるいは直接、川に垂れ流されたりしている。
私達、主婦は料理の後や洗濯で洗剤を遣うし、トイレそうじや拭き掃除には
除菌力の強い化学薬品を遣うし、お風呂ではボディシャンプー、シャンプー、
リンス、入浴剤、床やふろがま洗浄等に泡立つ薬品を遣い汚れを落としている。
おかげで家の中はきれいだし、体もさっぱりと快適である。
汚れは泡と一緒に水で流され消えていく。どこにか?だ。

河川にである。
image01.jpg


◆BODとCOD◆
河川には生き物が住んでいる。魚が住んでいる。
魚には酸素が必要だ。では一体どれくらいの酸素が必要なのだろう?
これはBODで示す事が出来る。

BODとはBiochemical Oxygen Demand(生物化学的酸素要求量)
水中の汚濁物質が微生物によって分解されるとき必要とする酸素の量をいい、
数字がおおきいほど水が汚れていることを示す。


他方COD,( Chemical Oxygen Demand)とは
化学的酸素要求量のことであり、
水の汚れを薬品(過マンガン酸カリウム)で
化学的に分解するときに消費される酸素の量

→いずれも数値が大きいほど汚れの量が多い。

◆◆魚が快適にすめる水質はBOD値5mg/l以下◆◆

日々の暮らしから流される汚れ具合を
魚が快適に住めるBODを300MLの浴槽1杯として換算した表

cod.png
これが各家庭から無動作に流され続けているところを
魚になって想像してみると、私は酸素不足になって、
あっという間に息絶えてしまうことでしょう。

◆◆◆
「もったいない」と「おかげさま」へ
 価値観をシフト変換することで持続可能な社会が実現される◆◆◆

豊かさって何なんのだろう?

関連記事
スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   マイエンザ
【本日のTwitterで見つけた情報より】へ  【☼さま・り・くら通信その1☼311@Nagoya大集会参加報告の巻】へ
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。