スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←遠出した日の強い味方 →#脱原発~マイエンザ~家庭からの挑戦
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
【遠出した日の強い味方】へ  【#脱原発~マイエンザ~家庭からの挑戦】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

☆友亜の食卓メニュー

#脱原発と月の威力と我が家の食卓

 ←遠出した日の強い味方 →#脱原発~マイエンザ~家庭からの挑戦
中秋の名月が近付いている頃のこと
ひと眠りして起きたら夜中の3時過ぎだった


唸るようなクーラーの音を消したくて
忍び足で起き上がり、
「きれいな月だよ 出ておいで」という
キヨシローの歌の一節を思い出しながら
そっと水浴びをした後
いつもとは違う明るい気配につられて
ヴェランダに立てば
ほぼ満月の月が、南西の空に輝いていた

闇に輝くその姿はため息がでるくらい美しい

古来より我が国には、月を愛でるという風習があり
残された歌や書物は、心を打つ

お釈迦さまも、聖徳太子も、
紫式部も、清少納言も、この月をながめていたのかしら
などと思い起こせば 月明かりがもったいなくなり
3・11以降の放射能に汚染された
現代の森羅万象をおもい
月について、太陽との対比で、少し考えてみた

月は水を、太陽が熱を司ることは
今では科学でも承知の事実だが
月の効用は、太陽ほど研究されていない気がする

それはなぜか?
月は太陽のように
単純には再生可能ではないからじゃないのかな

だけど潮の満潮・干潮は月との引力関係で
引き起こされるのだし
人の生死もそこにシンクロする、
と言われているのだから
元来、月の威力たるや、
現代人の想像をはるかに超えているのでは
ないだろうか

そこで思い出されるのが津波だ

津波は、月との引力関係で生じる
地球の浄化作用だとするなら
大地震も地球と月と地熱の
三位一体がなせる究極の技であり
人心の無知、奢り、高ぶりがピークに
達するときに発令されるのではなかろうか

功利主義的、征服的な自然観に根差す
現代科学、欧米テクノロジーが
月に着目しないのも納得がいく

2011/09/10
[朝食]・米屋の手づくりおにぎり(菜めし/エビ天かす)
    ・3/10生産の三陸わかめと九州産里芋のみそ汁
    ※味噌は奥能登の手づくりみそ

[昼食]・小松菜と玉ねぎの炒め物(にんにんく入り)を刻み
    炒め汁に水と小麦粉をたして焼いたお好み焼き

    ・上記、わかめと里芋のみそ汁

    ・炊きたて御飯(能登のお米使用)ゆかりときな粉

[夕食]自家製ビーンズソースライス
   ※にんにくと玉ねぎのみじん切りをゴマ油でいため
   1センチ角くらいの薄ぎりかぼちゃと
   市販のサラダ豆(4種類)を加えて
   ひたひたの水をくわえて煮たもので
   仕上げに味噌を少々加えた

これはテレビで紹介されていた
ビーンズいりトマトソースに
ヒントを得て作ってみた。
オリーブオイル→ゴマ油、ホールトマト→味噌が
私のオリジナル。
だってイタリアンじゃないですから。私は。




関連記事
スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   ☆友亜の食卓メニュー
【遠出した日の強い味方】へ  【#脱原発~マイエンザ~家庭からの挑戦】へ
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。