スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マスコミに蔓延する嫌いな言葉 →ノーパン大好き!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
【マスコミに蔓延する嫌いな言葉】へ  【ノーパン大好き!】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

イッピーテイスト

水遊び

 ←マスコミに蔓延する嫌いな言葉 →ノーパン大好き!
日没前のうだるような暑さの中

友亜(一才10ヶ月)と一緒に

前から気になっていたヴェランダの掃除をした。

ここのヴェランダは十分に広く、普通なら友亜にとっては

格好の遊び場なのだが、私は堆積しているであろう

放射能の粒子が怖くて暑いことを幸いにし

昼間からクーラーをつけて室内で遊ばしていたのだけれども

室内からながめていても

階下へとつながる雨水の排水口の周りが泥々で余りに汚いので

ついに重い腰をあげたのだ。

ベランダにへばりつく泥は、セシウムやホットスポットを

嫌でも連想させる。

福島からは遠いとはいえ、フクイチが爆発してから

はや5ヶ月もたっているのだから、それなりの数値の放射性物質が

排水口の泥に溜まっていたとしても、不思議ではない。


いわゆる家庭におけるミニホットスポットだ。

そして地上10階の高さにあるヴェランダにも土が積もる。

大地の土が風にまきあげられ落下し、放射性物質を含む雨を吸い、

強い日差しにさらされてコンクリートの床にへばりつく土。

雑草さえ生えている。3・11の前なら植物の生命力の強さに

感動するだけで十分だったけど、今となっては違う。

二回、大爆発を起こしたフクイチから生成された核物質の総量は

広島原爆の4000発分だと言われている。


それらが気流にのり、世界中を漂っている。

目に見えない核のつぶつぶは、木々や植物の葉に付着し、

或いは雑草が生い茂る地面に、河川の汚泥にたまりやすいと言う。

そして除染するには、室内なら水拭きが、

ヴェランダなんかの室外なら洗い流すことが一番、効果的だという。


それらの知識が頭の中でグルグルと駆け巡る。

そして1才10ヶ月の友亜は、知識が知識で終わることを是とはしない。

由里子、行け!動くんだ、由里子!扉をあけて一歩踏み出すんだ。

実践しないなら知る意味ないじゃん!ハイ、わかりました。友亜さま。



意を決した私は水道の蛇口をひねり

水分が加わった分、ヘドロ化した泥のかたまりに

素手でエイヤッと指をつっこむ。

このミニホットスポットに、友亜のなんでも

触りたがる小さな指が突っ込まれたらと思うと

ゾッとする。

水遊びが大好きな友亜は、ホースをもって

あちこち、うろつく。

私は片手にたわしを持ち、ヴェランダにこびりついている

土の苔をゴシゴシとこすっている。

するとどうだろう・・・

「私は被曝してもいい」不意にそういうフレーズがこみ上げてきた。

「私は被曝してもいい。除染して、この小さな命が守れるなら

それでいい。」「守りたい。守ろう。守るんだ。私が友亜を守るんだ」

なんてつい自分で自分に感動していたら、背中が冷たくて

水が溢れ出すホースを手に持ち、背後から私に水浴びさせて

きゃっ、キャっとはしゃぐ友亜の可愛らしい笑い声が聞こえてくる。

私は彼女に背を向けたまま、たわしでゴシゴシとヴェランダの床を

こすり続ける。汗が流れてくる。友亜は私に水浴びを繰り返している。

暑くて、冷たくて、たのしくて、笑いがこみ上げてきた。

二人して水を掛け合う。パンツがビショビショになるまで。

汗か水かもよくわからないけど

ここならトイレトレーニング中の友亜がそそうしたからといって

叱られることもないし、なんか幸せを感じる。

「大丈夫。育てていけるって。きっと活路は拓けるよ」

明日も友亜と一緒に水撒きしながらヴェランダをこすろう。


※参考資料サイト 小出裕章〈京大助教)非公式まとめ









関連記事
スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   イッピーテイスト
【マスコミに蔓延する嫌いな言葉】へ  【ノーパン大好き!】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
  • 【マスコミに蔓延する嫌いな言葉】へ
  • 【ノーパン大好き!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。