スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←おんぶします →朝の思考、ひらめき
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
【おんぶします】へ  【朝の思考、ひらめき】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
   

イッピーテイスト

おんぶして考えてみた~☆

 ←おんぶします →朝の思考、ひらめき
自分の子供を育てるときには
おんぶ紐がこんなに優れものだとは
自覚してなかったと思う。

私はおんぶされて育っている

ねんねこにくるまれて育っている

ねんねこは祖母の手製だった・・・

ねんねこは着物をリフォームして縫われていたので
私のそれはおばあちゃんの二番目の妹、おばさまからの
おさがりだったらしい。

そうやって日本の女たちは リサイクルさせて
助けあって生きてきた

でも母は それが嫌だったみたい

嫁だからね 姑、小姑への反発心のほうが
どうしても強く働いてしまうのだと思う。

私は初孫だったし、初曾孫でもあったので
母としては「おフル」ではなく「おニュー」を
リスペクトしてたわけです

こういう何でも「おニュー」を良しとする風潮は
のちに「使い捨て文化」を花開かせることに
つながっていたと思う。

おばさまの訪問着かなんかをリニューアルして
出産のお祝いとして、ねんねこに仕立て直すわけだから
着物地を選ぶさいにも、日本の女たちは当然、
そういうことも視野に入れて
着物の生地をチョイスしていたと思うのだけれども
和裁よりも洋裁、代々のお下がりではなく
新品で飾り立てることが裕福と幸せの絵だと
錯覚してしまった戦後の日本文化は
「おかげさま」と「もったいない」に象徴されるような
我が国固有の伝統ではなく、
アメリカの西部劇に象徴されるような開拓者精神、
フロンティア精神のようななにものかに
生きることの物差しがとって変わられていったことを
実感させる。

そしてそれは平成の今も、私たちの価値観を
誘導し続けていると思う。

「日本人ばなれした歌唱力」「日本人離れした声量に感動しました」
実はこれ、最近のテレビ番組で一番カチンときたフレーズなんだよね

中居くんが 二人の女性シンガーのコラボを
絶賛したトークの一部なんだけど

じゃあどんなに凄い歌をきかしてくれるのかと思いきや
期待した私が馬鹿でした!?

本場のシンガーが聞いたら笑っちゃうレヴェルなんだよね・・・


だからね 日本人離れした〇〇に私たちは一体なにを
見出してきたのだろうか?という事なんです。

「かぼちゃはトマトにはなれないんだよ」って言ったのは
あいだみつおさんだけど、本気でそういうことを考えて
楽曲でも何でも提案していかないと
「ニホンザル作戦」にやられちゃうよ

どうして日本人離れしてたら日本では凄いの?






関連記事
スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   イッピーテイスト
【おんぶします】へ  【朝の思考、ひらめき】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
  • 【おんぶします】へ
  • 【朝の思考、ひらめき】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。