更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2008 051234567891011121314151617181920212223242526272829302008 07

【  2008年06月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.--

 全文を読む

[小説」☆無意識からのメッセージ☆第6章☆JohnのJuliaとゼロ次元のかとちゃん

部族・ゼロ次元・70年代FEEL

2008.06.26

 「どこから来たの?」「京都です」「名前は?」「ユリです」画:加藤 好弘「俺はかとちゃん、絵を描いてるの、よろしくね」といいながらかとちゃんは、石ころの上に座っている私の前にあったもう一つの石ころのうえに腰掛けた。それは たしか・・・ケメちゃんに頼まれて手伝っていた夕食の準備が一段落ついたころだった。かとちゃんは皆から、加藤さんと呼ばれていたし指図を出していたから このグループのリーダーなんだろう。...全文を読む

【小説】無意識からのメッセージ☆第五章☆キャンプ場はナナオから

部族・ゼロ次元・70年代FEEL

2008.06.19

 you tube ★NANAO SAKAKI LOVELETTER18歳の私が 山道を歩いている。富士見の駅から もう何時間あるいたのだろうか?道の途中で やはり京都からやってきたオトコの人がいて聞けば「スズメ」だって言う。「私はユリ、自由の由に里でゆり、本当は由里子だけど」坂道が 平坦な道に変わるころ、突如、目の前の 視界が開けて左手に 緑たなびく山の斜面と夏草が生い茂る平地が 見えてきた。道には車も 何台か 停車していて人がい...全文を読む

[小説]☆無意識からのメッセージ☆第四章☆極楽鳥の夢

部族・ゼロ次元・70年代FEEL

2008.06.19

 ★BGMは ★ピンク・フロイドのタイム /TIME  BY   PINK☆ FLOYD電車のなかにいる市電みたいな作りの電車で 窓枠もドアも座席も 内装は茶色だその電車は まるで白い紙に書かれた 絵のようで その絵の中の電車のなかに 窓を背景にして 京都駅から夜行列車にのって長野へと一人旅にでた私がこちら向きに座っているのが 通路ごしに見える車内は明るいが 今が何時ごろなのかは わからないそれをどこか高いところからな...全文を読む

[小説]☆無意識からのメッセージ☆第三章☆オム☆小さな夢☆そして長野へ

部族・ゼロ次元・70年代FEEL

2008.06.09

 ★BGMは ビートルズのカム・トウギャザー /Come together by Beatles京都:三十三間堂京都駅の通路には 活気があふれていて夜行列車をまつ人たちが何人もいて、彼らは床に新聞をひいて座っていた。時計を見ると 夜の10時48分だった。ジーンズに白黒ギンガムチェックの半そで綿シャツを着た私は右肩に薄紫色のデニム地でできているキャンパスバッグをかけていて足には運動靴ではなくて、素足に比較的しかっりしたつくりのサン...全文を読む

[小説]☆無意識からのメッセージ☆第ニ章☆『人間と宇宙のまつり、ならびに部族、ゼロ次元との出会い』

部族・ゼロ次元・70年代FEEL

2008.06.06

 京都市内の夏は どこまでも暑く その暑さには 逃げ場がない私はそのころ 京都の町で 予備校に通っていた。★BGMはビートルズのレヴォールーション・・・京都:今出川通りのほんやら洞私が通っていた高校はそこそこの進学校であり 大親友の敏ちゃんは現役で同志社大学の文学部英文科にはいり中学時代交換日記をしていた初恋の松原君は学部は忘れたけれど関西学院大学に現役合格していた。そして私はといえば 御所も同志社...全文を読む

[小説]☆無意識からのメッセージ☆第一章☆ホテル・カりフォルニア

部族・ゼロ次元・70年代FEEL

2008.06.06

 ホテル・カリフォルニアという曲があるけれど私の中では イーグルスのホテル・カリフォルニアといえば 多恵ちゃんであり 多恵ちゃんは青山にあるデザイン事務所に 出入りしていたので 多恵ちゃんとの待ち合わせ場所は たいてい原宿の竹下口にある 喫茶店だった 。彼女は 生まれも育ちも 青山で  当時、京都からでてきたばかりの私には 多恵ちゃんは 同い年でも あこがれの お姉さんだった 。私が京都で大学進学の受験勉強...全文を読む

SID VICIOUSのMY WAY

散文

2008.06.06

 ♪もう終わりが近い  人生の終幕を迎えるときだ  バカが 俺は同性愛じゃねぇ  これからいうことも本当だ    悔いのない人生だった  人生のあらゆる道を歩いた  何よりも大切なことは  自分らしく生きたことだ  心残りも少しはある  わざわざいうほどのことじゃねぇけど  やるべきことはやった  必要なことは なんでも  抜かりなく計画をたてて  俺なりのやり方で やってきた  何よりも大事なことは  俺の人生を...全文を読む

前月     2008年06月       翌月

Menu

プロフィール

Rolling由里子

Author:Rolling由里子
19歳のときから、夢の記録を開始し、それ以来、無意識界と現実界をいききし、あちらからこちらをながめる人になる。
バンド「REALITY」のヴォーカルや、「スーパー一座」の役者という経歴を持つ。
2008年:Artと環境の企画集団(株)Green Earth 設立

最近の記事

FC2ブログランキング

ブログランキング投票に参加してます!ここをクリックして応援をよろしくお願いします~☆

FC2Blog Ranking

クリックありがとうございます。また明日もよろしくお願いいたします

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。